Event Items (イベントアイテム)

イベントとは購入レシートなどのことですが、MobileAppTracking (MAT) 内でのイベントアイテムとは、購入された個別のアイテムを指します。イベントアイテムにより、単一のロギングイベントに複数のアイテムを定義できます。例えば、スーパーマーケットに行きリンゴを 1 つおよびオレンジを 2 つ購入したとします。これらの三つのフルーツは、単一イベント (スーパーマーケットでの購入) のイベントアイテムに当たります。

Mobile App Events in Web or Server-side (ウェブまたはサーバー側でのモバイルアプリイベント) をログすることが可能ですが、本書では、SDK を使用してログしたイベントと共にイベントアイテムを含める方法を説明します (予約した客室、購入した旅費、収集した仮想グッズといった、さまざまな購入および個別の購入イベントに関する情報をログするのに有用です)。

イベントアイテムでは、最大 5 つのカスタム文字列アトリビュートを含めることができます。これらのカスタムアトリビュートで認められる最長文字列は、255 文字です。

MAT では、イベントのイベントアイテム関する詳細データを閲覧可能です。Event Items Log report (イベントアイテムログレポート) 内で、イベントアイテムを分析可能です。

モバイルアプリのイベントアイテムのログを開始するには、以下の情報に従います。各プラットフォーム/プラグインの関数テンプレートを以下にご用意しました。ログを希望するイベントアイテムに基づき、適切な引数を挿入可能です。

 

イベントアイテム特性

 

itemName String アイテムの名前。
unitPrice Double アイテムの単一ユニットそれぞれの価格。
quantity Integer 購入されたアイテムの数。
revenue Double 購入の合計値 (ゼロでない場合、数量 x unitPrice を上書き)。
attribute[1-5] String 任意使用のカスタム文字列 (最長 255 文字まで)。

Select a preferred platform.

Example:

Select a preferred platform.